障害者手帳が発行される年齢、手帳の等級判断など、お住いの地域によってかなりの違いがある現状をご存知でしょうか。
また、福祉用品の種類によっても、お住いの地域によって補助が受けられるかどうかに差があります。

必要な方に必要なものが届かない、住んでいる地域によって受けられる福祉サービスに差がある。この問題を解決することも必要ですが、まずはこの現状の中でmina familyが出来ることを考えてみました。

通常、サイズアウトなどによりその役目を終えた福祉用品は、多くは購入業者によって回収・廃棄されます。
しかしながら、その中にはまだ働ける品物がたくさんあります。そんな品物を、必要なのに手に入れられない方へ『当面の代替品』としてお届けするお手伝いができればと考えています。

※ご利用の際は注意事項をよくお読みの上、ご了承いただける場合のみご利用ください。

【注意事項】
※譲渡を受ける方は、個人もしくは関連施設に限らせていただきます。転売目的の業者様などはご遠慮ください。
※譲渡を受ける際は、その福祉用品が本当に使用可能かどうか必ず担当セラピスト・主治医に確認の上でご連絡ください。
※車いす(バギータイプ)などは、必ず使用前に譲渡先さまにてメンテナンスを受けてから使用してください。
※基本的には無償譲渡でお願いいたします。送料や使用前のメンテナンス料は譲渡先さまでのご負担をお願いします。
※希望者には当方での物品預かりやメンテナンス(外部業者委託)も可能です。
※譲渡後の事故やトラブルに関しましては、当方では一切の責任を負いかねます。

ご不要な福祉用品をお持ちの方は、写真を添えて当方までご連絡ください。
ご連絡を頂いた品物は随時「あげます」コーナーに掲載していきます。譲渡を希望される方は、フォームから直接ご連絡ください。

必要な福祉用品がある方は、フォームにご希望の品物をご記入の上、ご連絡ください。
お探しの品物が見つかり次第ご連絡いたします。
また、「あげます」コーナーに掲載された品物に関して希望者多数の場合は、先着順となります。

mina familyが行っている福祉用品の譲渡・仲介に関する活動をご紹介します。